トップページ

気が出ています。

写真から気が出ています。 手をかざしてみてください。

気があなたを癒す。気で商売繁盛。

  • 自然の気を体内に採りこみ自分の気と融合させる独自の気功法である心癒功。
    軽い運動と呼吸法により免疫力をアップさせ病気になりにくい体を作ります。

 

心癒功とは

  • 人間の体の中には血液、リンパ液とともに「気」が流れています。
    この血液、リンパ液、気の流れが滞ると体調不良や病気が発生します。
  • この「気」の流れを整えることで、病気になりにくい体を作ることが出来ます。
    この気を整える方法を気功法といいますが、肉体内部の気のみならず、自分を取り巻く自然界の気をも採り込んで自分の気と融合させる独自の気功法を「心癒功」と呼んでいます。
  • 心癒功を行うことで、免疫力が向上し、病気になりにくい肉体を手にいれることが出来ます。
    また、自然の気を採り込むことで、大自然の法則に逆らうことなく人生を送ることができるようになります。
    つまり運が良くなるのです。そして心癒功を継続することで心も浄化され平和な心を手に入れることが出来ます。
  • やる気が起こらない、なんとなく体が重い、原因がはっきりしないが体調が思わしくないなどの悩みをお持ちの方。
    また人生を変えたいと思う方。是非心癒功をお試し下さい。

 

心癒功の予備動作として行っている「軟酥の法」・「内観の法」

  • 心と身体をリラックスさせるための準備として行います。
    「軟酥の法」「内観の法」を実施することで、体調不良が解消することもあります。
    ストレスを感じられている方にはお勧めです。
    是非実行してみてください。効果を実感していただけるでしょう。
    ※ご注意:稀に実施中に気分が悪くなる方があります。その時は一時中断して下さい。
  •  
  • 動画「軟酥の法」[内観の法」
  •  
  • 目的:心身ともにリラックスする。体内を気が廻りやすくする。
    方法:
    1.イスに腰かけるか、正座又は安座をして、目を閉じて、体の隅々まで緩むように意識す  る。(軟酥の法 なんそのほう)
     「頭の上よりからだ全体を掃除するイメージを作ります。2回行います。」

    2.目を閉じて丹田を意識する。(内観の法 ないかんのほう)
      「目を閉じて、へその下の丹田を意識してください。」

    3.丹田に湧き出た気を体の中いっぱいにひろげる。
      「丹田の気を体の隅々まで広げていきます。」
      
    4.体の中いっぱいにひろげた気を、体の外に放出する。
      「毛穴や皮膚から気が放射線のように出ていくイメージを作ります。」

    5.丹田と百会の2ケ所を意識する。
      (丹田と百会の間を気が行き来する)

    6.手のひらを膝の2~3センチ上に置き、丹田と手のひらの3ケ所を意識する。
      (丹田~腕~手のひら~大腿部~丹田へと気が流れる。逆に流れる場合もある)

    7.両手を百会の数センチ上におき、手のひらと百会と丹田の4ヶ所を意識する。
      (天の気が百会から丹田に向かって流れる)

    8.手のひらを下に下ろし、丹田の前に両手の平をかざし、丹田から出る気を感じる。
      「手のひらを腹に近づけたり離したりしながら何かを感じてみてください。」
      (手のひらが熱くなったり、手のひらと腹の間に風が吹くような感じがする)

    9.両手で丹田に気を押し込む。

  •  用語解説: 丹田(たんでん)=臍から拳1個分下に位置する。気の貯蔵庫。
           百会(ひゃくえ)=頭丁(頭のてっぺん)
           湧泉-(ゆうせん)=足の裏の真中部分(土踏まず)

気功法1日体験会 開催を中止いたします。 

気功法1日体験会並びに気功法実践講座説明会を開催致します。
開催中止といたします。

  日 時:2020年4月12日(日))14:00~15:30 
  会 場:びんご運動公園 会議室(尾道市) 地図はこちら 
  主 催:NPO法人青竜スポーツクラブ
  後 援:尾道市
  参加料:500円(資料代として)
  定 員:20名程度
  内 容:気功法についての解説
      気功法の基本動作を実践
      気功法実践講座のご案内  

      詳細はこちら 

 

お知らせ 気功法実践講座を開講いたします。 尾道講座

尾道気功法実践講座の開講を延期いたします。

2020年5月 開講延期
 5月より毎月第2木曜日・第4木曜日の月2回のレッスンとなります。

気功法を実践することで、肉体の持つ免疫力を強化し、自然治癒力が高まることでより健康になることができます。
ご自分の健康はご自分で責任を持つ時代ではないでしょうか。
月2回の気功法実践講座で実践し、それ以外は自宅などで実践ができるように解説書を提供いたします。
体調が思わしくない、病院に行っても病気の原因がわからないなどの悩みをお持ちの方は、是非「気功法実践講座」への参加をご検討ください。

詳細はこちら



トピックス  ブログ「心癒功」のコンテンツ

2020年4月の方位
2020年月4月4日は清明で暦の上ではこの日から暦の上では4月となります。 詳細はこちら
2020年3月の方位
2020年月3月5日は啓蟄で暦の上ではこの日から暦の上では3月となります。 詳細はこちら
2020年2月 気功法の位置づけ
人間として生まれて死んでいくまでの人生を考えることがよくあるのですが、成功者の生い立ちなどに興味をもってテレビ番組や書籍から得られる情報を自分の中で整理してみると、人生の波のようなものを感じざるを得ないのです。     詳細はこちら
2020年2月 気功法実践講座  風邪と気功法
風邪をひいているようで体がだるいと妻が言うので、気功法で天の気を引くといいよと言うと、
気功法を実践しているにもかかわらず、うまく天の気が入らないとぼやいていた。
                        詳細はこちら
2020年2月の方位
どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に悪い方位、良い方位はありますが、ここでは対象としていません。
                         詳細はこちら
2020年1月の方位
2020年は暦の上では2月4日から始まって、2021年2月3日までの1年間が庚子(かのえね)七赤の年となります。                   詳細はこちら
2019年12月 邪気祓い(じゃきばらい)

      心癒功には邪気祓いという技法があります。   詳細はこちら
2019年11月 気功法実践講座 外気発射
気功法実践講座(三原教室)は開講から1年以上が経過し、会員の皆様の気も強くなってきたので、そろそろ外気発射に挑戦してもよい時期ではないかと思い、今回挑戦してみました。
外気発射というのは、二人で向き合って片方の人が相対する人に向けて自分の気を発射し、相手が気を感じることで何らかの変化がおこるというものです。      詳細はこちら
2019年11月 邪気払いで胸のしこりが
気功法実践講座で最近参加された方が、胸のしこりが気になるということを訴えられていたので、邪気払いの方法をお教えして、約1か月たったころにうれしい報告をいただきました。                      詳細はこちら